平静30年10月8日
 

(一般社団法人)子ども電話童神主催
第1期(2019年度)電話受け手ボランティア養成講座
受講生募集のご案内

 

(一般社団法人)子ども電話 童神
理事長 田里友邦

ロゴマーク

 日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
平素は当法人の活動に温かいご理解・ご声援賜り有難うございます。
 
  かつては我が国の自殺者数が3万人を超えていた時期が長くありましたが、
 政府・行政、各地のいのちの電話を中心とする多くの官民の取り組みの結果、
 警察庁が今年3月16日に発表した確定値によると、
2017年に自殺した人は 2万1321人で、前年より576人減少しました。
  しかし、20歳代以上は全年代で 前年より 減ったものの、
19歳以下は47人増えて567人でした
2017年に発生した相模原市での殺人事件以降、
 官民による若年者を対象としたSNSによる相談事業が広がって来ましたが、
 未だ多くの若年者が大人から気持ちを受け止めて貰うことができず、
 生きずらさを感じています。
 当法人では、若年者からの電話をボランティアで受け、若年者の話に耳を傾け、
若年者の気持ちに寄り添い、共に考え、≪電話による心の居場所≫を作る目的で、
概ね18歳以下の子どもからの電話をフリーコール0800-080-4343で受ける活動
2018年9月から開始いたしました。
 この度、電話受け手ボランティアを増員し、電話を受ける活動日時を拡充する目的で、
 下記の通り養成講座を実施いたします。
 若年者のいのちと自己決定権が尊重される社会の実現を目ざし、
 志のある多くの皆様にご志願頂けましたら幸いです。

 == 記 ==
 
1 目的
(1)当法人で若年者からの電話を受ける活動を行うボランティアを養成し、
ボランティアの増員を図り、活動日時を拡充することで、
 一人でも多くの若年者からの電話を受け、話に耳を傾け、気持ちに寄り添い、
 以て若年者のいのちと気持ちや考えを守ることを目ざす。
 
(2)一部の講座を一般市民公開講座とすることで、
 若年者が生きやすい社会の実現のために、
 若年者がおかれている現状についての課題を市民に啓発し、
その解決のために市民一人一人ができることについて考える機会を作り、
 若年者の権利について関心の高い大人が増えることを目ざし、
 以て若年者が生きやすい社会の実現を目指す。
 
2 開催日時・会場
・ 2019年1月19日〜2019年12月22日
・ 土曜又は日曜もしくは祝日に合計30回〜35回(1回5〜8時間)行う。
・ 会場は、福岡市中央区又は博多区内の公共施設もしくは民間の貸会議室
 及び当法人本部事務所とする。
 
3 受講資格
  下記の条件を満たす方。
 
(1) 18歳以上70歳以下の者
 但し、 臨床心理士、産業カウンセラー、チャイルドラインのスーパーバイザー、
いのちの電話現役相談員に関しては年齢制限を設けない他、
 養成講座の減免を検討する。
 
(2) 座学を10講座以上、ロールプレー実習を7講座以上、
ならびに電話応答実習訓練を8講座以上受講できる者。
ならびに宿泊研修に出席できる者。
※座学については、やむを得ない事情で欠席する者には、
 当法人事務所で講座の録音を視聴して貰い、リポートを提出して貰うことで
当該講座を受講したものと見なす。
※ ロールプレー・電話応答実習については、
 可能な範囲で個々の受講者の都合を考慮し、日時変更に応じるものとするが、
 当法人が全ての希望に応じる義務はないものとする。

(3) 初歩的なパソコン又はスマートフォンもしくはタブレットの操作が可能で、
メールの送受信操作が可能な者。
 
(4)電話受け手ボランティア認定後、日曜日もしくは祝日の日中、
 月に1度以上、電話を受ける活動に計画的に参加できる者で、
なおかつ日曜もしくは祝日の夜間から翌朝までの深夜に、
 年に2回以上、電話を受ける活動に参加できる者。
 
(5)電話受け手ボランティア認定後、年に4回以上、当法人が主宰する研修
もしくは当法人が推奨する他団体の研修を受講できる者で、
2年に1度以上、当法人スーパーバイザーのスーパービジョンを受けることができる者。
 
  (6)電話の内容、ならびに当法人の内部情報等、守秘義務を守る者。
 
  ※ロールプレー実習後ならびに電話応答実習後に
 それぞれ認定審査を行います。
 審査の結果によりましては、電話受け手ボランティアへの任命を見送り、
 裏方スタッフとしてのご協力をお願いする場合がございます。
 予めご了承下さい。
 
※ 若年者から受けた電話の内容や法人の機密情報を外部に漏らした場合、
自身が当法人ボランティアであることを当法人関係者以外の者に漏らした場合、
クライエント又は当法人関係者に対して、政治・宗教の勧誘活動
もしくは特定の企業・団体・の営業活動などを行った場合、
その他、当法人の信用を失う行為をした場合や活動に支障を来す行為をした場合、
法令や内部規則に反する行為をした場合は、認定を取り消す場合がございます。
 予めご了承下さい。
 
4 受講料金
・ 一般 … 1万8000円
・ 22歳以下の学生 … 9000円
※ 養成講座初日に現金にて徴収いたします。
22歳以下の学生に限り、分割払い(3000円×3回)を認めます。
 
※ 既納の受講料は如何なる場合も返金・分配いたしません。
ご自身のご都合・心情の変化で年度途中で受講を止めた場合も
返金に応じることはできません。
 予めご了承下さい。

5 主な講座内容
  概ね1月中旬から7月中旬にかけて、外部講師による座学
ならびにロールプレー実習を行い、
7月下旬以降、当法人研修担当理事兼スーパーバイザーの指導の下、
 実際に子どもからの電話を受ける実習訓練を行います。
 
・ チャイルドラインの歴史と理念について
認定NPO法人チャイルドライン支援センター理事の中村 尊先生、
・ 子どもの安心・安全・自由について、子どもへの暴力防止の専門家、
にじいろグループ代表の重永侑紀先生
・ 子どもアドボカシーについて熊本学院大学の堀正嗣先生、
・ 子どもの権利と憲法について弁護士の迫田登紀子先生
・ 犯罪加害未成年者の立ち直り支援について
法務省・沖縄少年院校長の渡辺玲子先生、
・ 多様性・自分らしさ・自分との向き合い方などについて
 それぞれスピリチュアルコンサルタントのタマオキアヤさん、
シンガーソングライターの玉城ちはるさん、
・ ファシリテーションやSDGSについて
日本ファシリテーション協会九州支部長の亀井なおとさん、
・ 不登校について林智恵先生、
・ グリーフサポートについて暮らしのグリーフサポートみなと・代表の森みかさん
 ・ LGBT.qについて、FRENSの石ア杏理先生
 
  上記の外部講師の先生方からご指導頂く他、
 其の他、思春期の性、発達障害、貧困、いじめ・虐待・体罰・DV、
ネット依存症等の演題でも講座を開く予定です。
 
  上記の座学に加え、ロールプレー実習(約10講座)ならびに電話応答実習(約15講座)、
 宿泊研修(1回)も予定しています。
 
  具体的な研修日程につきましては、2019年1月19日に実施するカファレンスの際に、
 受講者にお知らせいたします。

6 お申込み
 下記の8項目を
info@warabigami.org
宛てへメール本文に記載してお送り下さい。
 
※ウイルス対策のため、添付ファイルではなく、メール本文への記載で送信下さい。
 
  ※頂いた情報は本養成講座の運営を含む
当法人の事業活動にのみ活用いたします。
法令の定めもしくは司法の決定により開示義務が生じた場合を除き、
ご本人の許可なしに、当法人の理事・事務局スタッフ以外の者に
皆さんの個人情報を開示することはありません。
 
(1)氏名
 
(2)生年月日
 
(3)住所(ご自宅・職場・ご実家のいずれかご都合の良いほうでかまいません)
 
(4)電話番号
 
(5)メールアドレス
※受信拒否設定をされている方は
info@warabigami.org
のアドレスが受信できる様、設定をお願いいたします。
 
(6)所属※学生の場合は学校名、就職されている方は職場名
 
(7)ボランティア歴
※特に子ども支援もしくは自殺予防のボランティア活動のご経験をお持ちの方は
詳しくご記入下さい。ボランティア経験があることが受講の必須条件ではありません。
 
(8)ボランティア志望の動機
※800〜1200文字の範囲でご記入下さい。
 
7 申し込み期間
2018年10月8日(月)から2018年12月28日(金)まで

8 お問合せ先
  ご不明な点はご遠慮なくお気軽にお問合せ下さい。
 一般社団法人 子ども電話 童神
メール  info@warabigami.org
 tel:080-8580-3720(理事長・田里)
(電話受付時間 05:00〜09:00、12:10〜12:45、19:00〜24:00)
 ※ お問い合わせはなるべくメールにてお願いいたします。
URL: http://warabigami.org

  若年者のいのちと自己決定権が尊重 され、
 誰もが自分らしく生きることのできる社会の実現を目ざし、
 多くの方が当法人の電話受け手ボランティアに志望して下さることを願っています。
 

(一般社団法人)子ども電話・童神
理事長 田里友邦
理事(研修・スーパービジョン担当) 城戸孝義
理事(チャリティーイベント担当) 佐原一哉

 

「ボランティア活動に協力することは難しい」
皆様へ〈募金のお願い〉

 
 フリーコールの維持費やボランティアの育成費、広報費など、
活動には年間約200万円の経費が必要です。
活動資金を調達する目的で、随時ご寄付も募っています。
ご無理のない範囲でご寄付のご協力を頂けましたら幸いです。
 福岡市中央区・博多区内を中信に、
趣旨にご賛同頂きました飲食店に募金箱を設置しています。
銀行振込でのご寄付も承っています。( 振込手数料はご負担願います。)
 
【郵貯銀行からお振込みの場合】
 記号17480 番号95766101
【郵貯銀行以外の金融機関からお振込みの場合】
 郵貯銀行 七四八店 普通9576610
加入者名: 一般社団法人 子ども電話 童神

「琉球古典音楽安冨祖流田里友邦研究所」
オリジナル手ぬぐいチャリティー販売について
 当該研究所のオリジナル手ぬぐいの売り上げは、
手ぬぐい制作にかかった費用を除く全額を、同研究所から当法人に寄付いたします。
フリーコールの維持費など、
子どもからの電話を受ける活動に大切に活用いたします。
 
研究所オリジナル手ぬぐい
 
下記の各店舗にて1枚1000円で販売しています。
※手ぬぐい購入のみを目的にしたご来店はお店にご迷惑になりますのでご遠慮下さい。
『諸国大衆味ロマン 野の猫』  福岡市中央区渡辺通2丁目7番6号1F
『おきなわ宮古島食堂 彩家』  福岡市中央区高砂2丁目23番2号 リーベ高砂103号
『Dining bar Lohas Beach』  福岡市中央区春吉3丁目22番29号Zビル2F
『薬缶』  福岡市中央区渡辺通2丁目3番2号(三角市場内)
『港町』  福岡市中央区薬院2丁目3番6号
『石垣島ゆんたく酒場 ゆい結』  福岡市中央区六本松4丁目1番1号
『明石共同売店』 沖縄県石垣市伊原間431